有限会社ルサノヴスキイコルホーズ

ダウンロードする
土地面積:11500ヘクタール
投資計画
不動産はハンカ湖(RUSANOVKAマーク)付近に沿海地方のスパスキイ区に位置している。

沿海地方は中国と国境を接し、日本の海で日本と韓国の海上の境界線に出る。便利な位置又中国、日本、韓国の境界線に出

沿海地方は大豆、玉蜀黍、蕎麦、西洋油菜、燕麦、小麦を栽培のための土地(農地)を購入する外国企業に最も心を引く地域である。

有限会社ルサノヴスキイコルホーズ

スパスキイ区(市)の人民代議員ソビエトはロシア連邦ソビエト社会主義共和国、沿海地方、スパスキイ区、ノヴォルサノヴカ郷のルサノヴスキイ国営農場に土地利権国立証書を交付した。当土地利権国立証書に依って17752ヘクタールは指定の土地利用者に土地利用計画の境に応じて無制限かつ無料の利用のために定着される。土地は農業の用途のために与えられる。土地利権国立証書は2 通つくれて第一通は土地利用者に交付され他は区(市)の人民代議員ソビエトの実行委員会で保たれている。

土地利権国立証書は土地利権国立証書記録簿に62号で記録された。

スパスキイ区(市)の人民代議員ソビエトの実行委員会長: オルホフ 耕地整理技師長: カイゴロドフ 1990.03.29

A-I 406044号

ルサノヴスキイ国営農場の土地利用の境の計画

1)放水路 2)スンガチ川3) 鉄道 4) ノヴォルサノヴカ郷
近隣の土地利用の境の記述
АからБまでキロヴスキイ区の土地
БからВまでヅホヴスコイ国営農場の土地
ВからГまでゼレノドルスキイ国営農場の土地
ГからАまで中国の土地
規模1:1000

耕地整理技師長: カイゴロドフ

土地質

販売の対象について購入者を正確な報告のために実証的調査と報告書は作成された。販売する全体的地帯の全体像を取得するためにさまざまな個所からテストの見本(12個)は取れた。

すべての解析は沿海地方農業研究所の実験室で行った。http://primnii.ru(ウスリイスク市) 各見本を検討し地図の所在地に応じて特定の土壌のテストの一般的な情報は取得された。報告は単一の地帯で販売する土地の特性の要約とコピーに添付された。農地の肥沃度のモニタリングは生殖能力の状態を考慮して農薬と環境毒性学的評価を目的として行われる。豊作の主な条件は土壌に適切な形と割合で栄養素の存在です。主な栄養元素は窒素、燐素及びカリウムです。

土壌の見本の化学分析は以下の方法で行われた。
  1. 流動的燐素はチーリコフ法で — 連邦国定規格 54650-2011.
  2. 交換用のカリウムはチーリコフ法で — 連邦国定規格 54650-2011.
  3. 塩液懸濁液のрНは農業の農薬サービス中央研究所のモディフィケーションで— 連邦国定規格 26483-85
  4. 腐植はチュリン法で農薬サービス中央研究所のモディフィケーションで— 連邦国定規格 26213-91

酸性度は耕地土壌の農業生態学的状態の主な指標の一つです。

ロシアの土壌の酸性度の平均値(рНKCl):
有限会社ルサノヴスキイコルホーズ
酸性度の平均値は研究の報告書に依って= 6,2-6,5

耕地土壌中の有機物の含有量

土壌中の有機物の含有量は伝統的に土壌肥沃度の主な基準となる。
ロシアに有機物の含有量に依って耕地の分布:

有限会社ルサノヴスキイコルホーズ
平均値は研究の報告書に依って= 8,15% (高い含有量)

ロシアに燐素の流動的形の含有量に依って耕地の分布:

有限会社ルサノヴスキイコルホーズ
平均値は研究の報告書に依って= 133 mg/kg (より高い含有量)

ロシアにカリウムの流動的形の含有量に依って耕地の分布:

有限会社ルサノヴスキイコルホーズ
平均値は研究の報告書に依って= 490 mg/kg (とても高い含有量)

加水分解性窒素の含有量に依って耕地の分布

耕地土壌中のN-NO3の内容は土壌の種類とその栽培の程度に依存している。作物の計画された収穫のために窒素肥料の定量を計算するには土壌中の無機窒素の含有量を知る必要がある。 ロシアに加水分解性窒素の含有量に依って耕地の分布:

有限会社ルサノヴスキイコルホーズ
平均値は研究の報告書に依って= 84 mg/kg (とても低い含有量)
土壌が栽培されないので率は低いです。これは耕作されなかった。

土壌中の窒素の含有量は人間の活動の影響を依る。栽培した土壌は耕作しない自然状態の土壌より30%以上窒素が含まれる。

すべての資料に基づいて有限会社ルサノヴスキイコルホーズの土地を適切な指標を持つ「痩せ地の黒土」に属する土地として記述することができる。

表184
土壌中の有機物の貯え(チュリン法に基づいて)

土壌 上層に腐植の率 腐植の総数
kg/m2 トン/ヘクタール
灰色土 1,0 - 2,0 5,0 50
薄栗色の土壌(ダークブラウンの土壌, 半砂漠地帯の土壌) 1,5 - 2 10,0 100
濃い栗色の土壌(南の黒土) 3,0 - 4,0 20 - 25 200 - 250
通常の黒土 7,8 - 8,0 40 - 50 400 - 500
強力な黒土 10,0 80 800
痩せ地の黒土 8,0 - 7.0 60 - 50 600 - 500
森林草原地の灰白色の塩分の少ない不毛地 4,0 - 6,0 15 - 30 150 - 300
北森林地帯の灰白色の塩分の少ない不毛地 3,0 - 4,0 8 - 12 80 - 120
湿気の多い亜熱帯の赤土、ダークブラウンの土壌, 灰白色の塩分の少ない不毛地 4,0 - 6,0 15 - 30 150 - 300
森林地帯の腐植炭酸土壌 4,8 - 8,0 20 - 40 200 - 400
山、牧草地の土壌 2,5 30 300
痩せ地の黒土はてっきり肥沃です。

暗い色の層A1の深さは40〜50 センチメートルです。構造は専ら粒状の、はっきりした、十分に耐水のです。 A1層に腐植の6-10%は含まれている。総腐植層A1+ Bは80センチメートルです。 層Bで明確に塊の多いプリズムの構造は表現された。土壌の反応は中性(pH6-7,0)です。

販売される不動産は泥炭埋蔵量に囲まれる。

この情報の確認は沿海地方の泥炭埋蔵量の地図そして国家会社「ロシア埋蔵物」の分析建白は等級「A」の確認埋蔵量について任命と泥炭肥料です。 泥炭産地と泥炭の面積の配置図面

作成者Ryazantseva M. D.
泥炭 (継続)
配列 内容
沿海地方に地質レポート 9025 極東,沿海地方、スパスキイ区、ノヴォルサノヴカ郷 「1975年1月10日付けの沿海地方、スパスキイ区にあるノヴォルサノヴスコエ泥炭産地に泥炭埋蔵量の確認の地質レポート1697号」 追加の情報:泥炭
証書に対して外の情報

産地は広大なハンカ湖の側に低地の一部であり湖ハンカ湖の最初の段丘に位置する。

産地は完全に試探器で調べることによって探求された。産地の面積は産業境の内に4303ヘクタールと深度0,7メートルです。等級「A」の泥炭のバランス埋蔵量は800万トンを算する。埋蔵量はソ連の地質省に承認された。泥炭は肥料の生産のために推奨される。 等級「A」の埋蔵量は確認した埋蔵量は没取に用意した。

方法: コアのテスト
方法: 物理機械的特性の認定
バインディング: ハンカ湖の東岸、クラスナヤ川の流域
仕事の目的: 産地の総合的農業開発を起草のために必要なデータを取得 (農地として肥料や地域のために)

天気

過去5年間の成育や温度の条件
温度 2011 – 2015 年
晴れた日、降雨と毎日の気温の額
5年間の平均気温 (2011-2015)
晴れた 日数 降雨と日数 最高昼気温, оС 昼気温の額
3月 21 6 16 46
4月 17 6 30 378
5月 15 12 31 618
6月 17 8 33 748 2438
7月 14 10 33 855
8月 14 13 34 834
9月 18 8 28 643
10月 20 6 23 412
11月 18 7 17 69